fc2ブログ

境界線 バウンダリーズ

カテゴリ: 書籍

人間関係の中で、自分の責任として受け入れるか受け入れないか、関わるか関わらないか、悩まされるときがたまにあります。「NO」と言うことはなかなか難しいことですが、ある場合には強く意思表示をしなければならないときもあります。

「NO」は「あなたには同意できません。」と言っているのであって、その人を否定しているわけではありません。しかし、そういう「NO」で応答しても、相手に通じないときがあります。「拒絶」として受け止められてしまうときがあるのです。共依存的な傾向があったり、心に深い傷を負っていたりする場合には、特にそうです。なかなか願っているようなコミニケーションが取れない場合があるのです。

複雑な人間関係の中で、その場で解決できることもあるかもしれませんが、そうでない場合の方が多いというのが現実です。少し距離をとったり、はっきり境界線を引いたり、しばらくそのままにしておいたりしなければならないことがたくさんあるように思うのです。

境界線(バウンダリーズ)は数年前に出版された本ですが、もう一度手にとって読んでみようと思います。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇
他人に対して「ノー」と言えない、あるいは平気で他人の領域に足を踏み込んでしまう、共依存から抜けられない、そんな人は「バウンダリーが無い状態」だと言える。バウンダリーとは、他者と自分の境目をはっきりさせることによって自分の責任範囲を明確にし、人間関係を健全にするためのもの。夫婦、親子、職場などの人間関係に悩んでいる方は必読! 日野原重明氏(聖路加国際病院理事長)推薦

20150613_book.jpg

スポンサーサイト



Edit / 2014.06.13 / Comment: - / Trackback: - / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

GRACE HOUSE

Author:GRACE HOUSE
グレイスハウス [ 教会 ] のブログです。グレイスハウスは、府中市にある聖書を土台としたアットホームな教会です。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR