fc2ブログ

星のように砂のように

カテゴリ: 書籍

エド・ステッツァーによる前文からの抜粋

「星のように砂のように」でラルフ・モアは北米の教会はその開拓伝道において大きな問題をかかえていると指摘しています。これまでの教会間をぬぐい去って教会増殖に目を向ける必要があるのです。」
「最近の北米での教会成長運動は、私の教会が成長すればいいというムーブメントでした。この本の中でラルフ・モアが明快に説明しているのは、弟子増殖教会運動であるということです。」(引用終わり)

TMC(東京メトロ・コミュニティ)の栗原 一芳氏がご自身のブログでもこの「星のように砂のように」を紹介されている。従来のアメリカのメガチャーチ的な教会成長の視点とは全く異なる視点から書かれていて興味深い。簡単に言うと、従来型の「そのコミュニティーの中で、いかにして教会を発展させるか」ではなく、「文化的な背景の異なる多様なコミュニティーの中で、いかにして小さな教会を増殖させていくか」が中心的なテーマになっている。ラルフ牧師の長年の牧会経験が随所につづられているので読みやすく、「教会とは何か?」を考える意味でも有益な一書だと思う。


星のように砂のように ~教会が教会を生み出す~星のように砂のように ~教会が教会を生み出す~
(2010)
ラルフ・モア

商品詳細を見る






スポンサーサイト



Edit / 2014.08.25 / Comment: - / Trackback: - / PageTop↑

 HOME 

プロフィール

GRACE HOUSE

Author:GRACE HOUSE
グレイスハウス [ 教会 ] のブログです。グレイスハウスは、府中市にある聖書を土台としたアットホームな教会です。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR